子育て主婦のシンプルライフ

子どもがいても、持つモノは最小限、ラク家事でシンプルな暮らし。貯蓄に励んでいます。

【持たない暮らし】地震から身を守るために自分が出来ること

今朝、近畿地方で震度6の地震がありました。

 

この地震で、一部では停電、ガスや水道の停止、列車の運休が続いていたりと、かなりの影響が出ているようです。

地震はいつ起きるかわからないので、本当に怖いですよね。。

 

わたしが住んでいる地域でも、かなり長い揺れを感じましたが、今のところ無事です。

 

大阪北部近辺にお住まいの皆さま、新たな余震があるかも知れないという情報もありますので、どうぞお気を付けください。

 

阪神淡路大震災を経験から学んだ恐怖

わたしが子どものころ住んでいた家は、タンスや食器棚など、部屋に収納家具がいくつもあってか、ふだんから程よく整っているという印象でした。

 

ですが、地震が起きると、この家具たちが凶器となるのです。

 

阪神淡路大震災が起きたとき、早朝だったので眠っていたのですが、ものすごい揺れで家族みんなが飛び起きました。

 

幸い、家具が倒れてくるという被害はありませんでしたが、扉が開いて、食器も何枚か割れ、他にもモノがいくつもいくつも落ちてきました。

 

寝ていた部屋にも、背の高い大きな棚があり、もしも倒れてきていたら、きっと下敷きになっていたことでしょう。

 

あの時の恐怖は、今でも覚えています。

 

 

持たない暮らしが身を守る

マイホームを持ち、自分が家を管理する立場になったときに、いろいろと考えるようになりました。

 

散らからない家にするには、どうしたらいいのか?

家事をラクにするには、どうしたらいいのか?

家族が安全に暮らすには、どうしたらいいのか?

 

この問いに共通する答えは、とにかくモノを持たないほうが良いという結論に至ったのです。

 

 

我が家のリビングダイニングにある家具

みんなが集まるリビングには、テレビボードと、小さいおもちゃ棚しか置いていません。

 

ダイニングには、ダイニングテーブルとイスだけです。

 

f:id:seasons2016:20180618140134j:plain

 

今朝の地震が起きたとき、私はリビングにいたのですが、阪神淡路大震災のときよりも気が保てていたのは、部屋のなかに危険な場所が少なかったからだと思います。

 

 

さいごに

各地で地震が起きるたびに、今の幸せがいつもあるわけではないんだと考えさせられます。

 

「家族の安全を守ることに繋がるシンプルライフ」

これからも、心がけていきたいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

www.simplelife867.com

 

▼ブログランキングに参加しています


▼シンプルライフで私が利用しているものまとめ

★ブログで紹介している商品は楽天ROOMにアップしています^^

★我が家のカードは楽天カード、1枚で管理もラクラクです。