子育て主婦のシンプルライフ

子どもがいても、持つモノは最小限、ラク家事でシンプルな暮らし。貯蓄に励んでいます。

毎日の献立はもう悩まない。リスト化して良かった3つのこと。

f:id:seasons2016:20190307200024p:plain

 

わたしの、毎日の悩みごと。

 

「今日の晩ご飯は、何を作ろうかな?」

 

栄養バランスを考えつつ、毎日献立を考えるのが、本当に億劫に感じていました。

でも、家族のためには大切なことですから、手は抜けません。

 

というわけで、迷いを減らせるようにしたら、とってもラクになりました。

本日は、私が献立を考えるときの方法を、ご紹介したいと思います。

 

 

料理のレパートリーをリスト化する 

まずは、自分がレパートリーとして持っている、料理のリストを作ります。 

 

ちなみに私は、いつも迷うことの多かった、メインと副菜のリストを作っています。

 

メイン 

ごはんもの、お魚、お肉、お野菜の4項目に分けています。

メインの食材は、毎日変えるようにしているので、

「前日のメインがお魚だったから、今日はお肉にしよう」というときに、項目別になっていると、見やすくて便利です。

 

副菜 

調理時間別に、早い、普通、遅いの3項目に分けています。

メインを作るのに時間がかかるときや、「忙しくてご飯を作る時間がない!」というときには、手早く作れる副菜を選びます。

 

その他 

メイン・副菜とは別に、その他として季節物・特別メニューの項目を作っています。

毎月作ることはないけれど、季節によって出すメニュー(例:冷やし中華・そうめん)や、家族で作るメニュー(例:ギョーザ・たこ焼き)をまとめています。

 

と、こんな感じでリストを作成しています。

 

料理のリスト化をして良かったこと 

自分のレパートリーがひと目でわかる 

まず、リストを作るうえで気を付けたことは、メインだけで1ヶ月分のレパートリーを用意しておくことです。

 

最低31個あれば、1ヶ月の間、毎日違うメニューを出すことが出来るようになります。

 

いざ、自分が作る料理をリスト化してみると、レパートリーの少なさに軽くショックを受けました。。(苦笑)

もっとお料理のレパートリー増やしたいな。。

 

献立に偏りがなくなる 

献立が決まったら、リストの料理名にチェックを付けていきます。

そうすることで、最近作っていない料理がわかりやすくなり、作る料理に偏りがなくなります。

 

献立を考える時間が減る 

リスト化をする前は、その都度レシピを調べて、良いなと思うレシピにたどり着くまでに、とても時間がかかっていました。

 

今は、チェックの付いていない料理を、選んでいけば良いので、献立を考えるのがとてもラクです。

 

スマホで料理リストを管理すると、さらに便利 

f:id:seasons2016:20200619135919p:plain

 

私は、作成した料理のリストを、Googleのスプレッドシートで管理しています。

 

ちなみに、Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていれば、無料で使える、クラウド版のExcelのようなものです。

 

>>公式 Googleスプレッドシートを見てみる

 

スマホにスプレッドシートのアプリを入れておいたら、献立を考えるときに、サッとスマホを見て決められるようになったので、とっても便利になりました。

 

献立が決まったら、料理名のセルに色付けしているので、色付けしていない料理が、この1ヶ月で作っていない料理だと分かりやすくなります。

 

そして、リストの全セルに色が付いたら、色付けをリセット。

また一から、献立を選んでいきます。

 

 

まとめ 

  • 毎日の献立に悩まないように、自分の料理リストを作成する
  • 1ヶ月、いろんな料理を出せるように、メインは最低31個のメニューを用意する
  • Googleスプレッドシートでリストを管理すれば、スマホやPCでもアクセスできて便利

 

新しいメニューに挑戦して、またこのメニューを作りたいなと思ったら、リストに書き足して、どんどん自分のレパートリーを増やしていくことが出来ますよ。

 

献立を考えるときの、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました^^

**************************************

Copyright © 2016-2020子育て主婦のシンプルライフ
All rights reserved.