子育て主婦のシンプルライフ

子どもがいても、持つモノは最小限、ラク家事でシンプルな暮らし。貯蓄に励んでいます。

防災用品の見直し。手放したモノと、追加したモノ

f:id:seasons2016:20200826174633p:plain

9月1日は防災の日。

ということで、年に1年のこの時期には、防災用品を見直すようにしています。

 

今回は、ずっと保管していた防災用品の中から、はじめて手放すことを決めたアイテムや、新たに揃えたアイテムを、まとめてみたいと思います。

 

「わからない」から、増えてばかりでした 

「いざとなった時に、足りなかったらどうしよう?」と、いう思いから、自分で揃えたモノのほかに、何かで頂いたモノも、防災用品として使えるモノは、取りあえず保管しておくことにしていました。

 

そうなると、防災用品はどんどんと増える一方。

実際に経験をしていないから、本当に必要なモノがわからないので、手をつけられず、どうしたものかと、モヤモヤしていたのでした。

 

キャンプでの経験を活かして、手放したモノ 

昨年より、キャンプにハマったことで、自然の中で過ごすのに必要なモノが、以前よりも見えるようになりました。

 

そして今回見直しをして、過剰にあると判断したのは、懐中電灯です。

 

以前キャンプをしたときに、ランタン2つと、電球型ライト2つあれば問題ないと感じたので、5個あった懐中電灯のうち、3個を手放しました。

 

▼参考記事

【画像あり】初めての家族キャンプ!準備~当日の様子。かかった費用などまとめ

 

これまでは、「あればあるほど良い」と思っていた防災用品ですが、いざ持ち運ぶことを考えると、必要な分だけに絞り、量や重さをコンパクトに収めておくことが、重要だと思います。

 

新たに防災用品として揃えたモノ 

「もし、停電になってしまったら?」という事態に、我が家には何も用意が出来ていないことが、不安でした。

 

そこで、今回追加したのはソーラーパネルです。

折り畳み式だから、場所をとらずに収納できます。

f:id:seasons2016:20200826181943j:plain

Rockpals ソーラーパネル 60W 折りたたみ式

 

太陽の光で電気を作ることが出来るので、手持ちのモバイルバッテリーや、スマホなどを、電源を使わずに充電出来るようになりました。

 

通話や情報収集などに重要なスマホが、電池切れになると、とても困ってしまいます。

いざという時のために、電源を確保できるようになったので安心です。

 

ベランダで簡単にソーラー発電 

使い方ですが、

ソーラーパネルは、ベランダなど日に当たる場所に広げるだけで、セッティング完了です!

f:id:seasons2016:20200826181934j:plain

 

USBケーブルを挿せば、すぐに給電が始まります。もう本当に簡単です^^

長さのあるUSBケーブルを用意して、部屋に引き込んでおくと、とっても使いやすくなりますよ。

 

お日様が出ている日は、「何か充電するものはないかな?」と、暮らしに楽しみが増えました^^

 

▼わたしが選んだのは、こちらのソーラーパネルです。

USBポートのほかに、今後ポータブル電源を購入した場合にも充電できるように、DCケーブルが付いているソーラーパネルを選びました。

 

 

さいごに 

キャンプ泊を通して、自分たちにとって過剰なモノや、足りないモノが、見えるようになり、防災用品を揃えるうえで、役立てられたことは良かったなと思います。

 

今後、あったほうが良いなと思っている防災用品は、ポータブル電源です。

 

天候が悪い日は、ソーラー充電が出来ないので、電気をためておける大容量のバッテリーがあったほうが良いと思います。

あと、USBだけでなく、コンセントが使えるところも魅力的ですね。

容量や価格などを考えると、まだまだ考え中です。

 

>>楽天市場でポータブル電源をみてみる 

 

防災用品について、参考になれば幸いです。

本日は、最後までご覧いただきありがとうございました^^

 

**************************************

Copyright © 2016-2020子育て主婦のシンプルライフ
All rights reserved.