子育て主婦のシンプルライフ

子どもがいても、持つモノは最小限、ラク家事でシンプルな暮らし。貯蓄に励んでいます。

レジ袋の有料化が始まるまえに、暮らしを見直してみる

f:id:seasons2016:20200605112343p:plain

 

普段より、エコバッグを持参していますが、ついついレジ袋が家に溜まっている、ということが多くあります。

 

しかし、レジ袋が有料化になれば、レジ袋を断りやすくなり、ついついレジ袋が溜まる、ということは無くなりそうです。

 

マイバッグがあれば、必要は無いと思っていたレジ袋ですが、いざ無くなったら、今後の暮らしはどうかわるのだろう?と気になりました。

 

 

レジ袋を使わない暮らしへシフトする 

現在のレジ袋の使い道としては、生ゴミを入れたり、ゴミ箱の内袋に使ったりと、1度使ってから捨てるようにしています。

 

ですが今後は、レジ袋が家になくなるのですから、そのような使い方は出来なくなります。

 

プラスチックによる環境問題を考えれば、これまでと同じ生活スタイルのために、「新たにプラスチック袋を購入する」という方法は問題解決にならないので、レジ袋なしの生活に変えるため、別の方法を考えてみました。

 

我が家が、レジ袋なし生活にした場合 

今後は、レジ袋の代用品として、商品が入っていた包装袋などが使えそうです。

 

今までは、捨てるだけでしたが、これからは活用出来るものは、どんどん活用していかないとだめですね。

 

今後、我が家がレジ袋なし生活になったときを、利用アイテムごとに考えてみました。

 

生ゴミ 

レジ袋の代わりに、食品が入っていた包装袋などにまとめます。無かった場合は、不要の紙にくるみます。

これまで通り、ゴミ収集日まで、冷凍庫で保管しておきます。 

www.simplelife867.com

 

 

オムツ 

娘はまだ、不安な夜だけオムツパッドを使っています。

きっともうすぐ卒業できるはず・・

 

ニオイが気になるので、いつもレジ袋にまとめて捨てていますが、不要な紙袋でも代用できそうです。

紙袋がない場合は、手間はかかるけれど、1つずつ不要の紙にくるむことにします。

 

濡れたスイムウェア 

息子はスイミングを習っているので、毎回スイムウェアをレジ袋に入れて、持ち帰るようにしていました。

これからは、レジ袋は使わず、使用したバスタオルにくるんで持ち帰るように、変更しようかと考え中です。

 

 

さいごに 

普段の行動を思い返してみると、意外とレジ袋を使うことが、日常になっていたことに気付きました。

 

プラスチックによる環境問題により、7月よりレジ袋が有料化される今、我が家でも「レジ袋を必要としない暮らし」という簡単なところから、まずは取り組んでいければいいなと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました^^

 

▼丈夫でコンパクトに収納できる、オススメのエコバッグです。

**************************************

Copyright © 2016-2020子育て主婦のシンプルライフ
All rights reserved.